MENU

契約後にもしカードが不要となったなら

プロミスと契約を続けることが一番と考えているなら、まずカードを持ち続けることとなります。しかし他社の方が優れており、これ以上契約をすることがよくないと判断しているなら、契約解除を考えることになります。

 

カードが不要となった場合、すぐにカードを割ってしまえばいいということではなく、必要な手続きをすることが必要です。

 

まずコールセンターに連絡を入れて、速やかに解約をする旨を伝えておきます。すると解約するための手続きを取ることとなるため、多少時間がかかりますが、解約できるようになります。手続きによって個人情報がすべて削除されて、全く利用できない状態となれば、カードを割っても問題はありません。

 

時間こそそれなりにかかる場合があるものの、解約をしたいなら連絡を入れることとなります。なおインターネット上で契約を解除することはできないため、必ず電話連絡を入れなければなりません。電話をしないまま解約したと思っていても、実は解約されていないために郵送で何かが届くという事態は結構あります。

 

必ず解約をするためには、連絡を入れるようにしてください。そして連絡を入れた後でカードを割って、プロミスの不正利用を防ぐことも必要です。

 

解約を確実に進めたいなら店舗で手続きをし、完済の証明書ももらっておくと安心といえるでしょう。電話でも証明書の申請はできますが、やはり確実となるのは店舗です。

 

その場で解約もあわせて行っておけば間違いも起こらないので、今後のプロミスの利用はしないと考えられる方は千葉市のプロミス店舗での解約手続き、完済証明書の発行手続きを行ってください。