MENU

債務整理を使って借金を減らす方法

債務整理とは、法的に借金を一度見直して無理のない生活を送れるように人生の再生を行う方法のことです。

 

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産などいくつかの種類があります。それぞれ状況が違うので、各々にあった方法の内容を確認していく必要があります。

 

また借金返済を見直す中で、お金を払い過ぎているということも多くあり、それは過払い金という元金を目安に大幅に減額されて返ってくるケースがあります。

 

自分にあった解決方法は、その特徴が様々で自分がどれにあたるか分からない人が多いと思います。手続きの中であなたにメリットのある方法を整理してみましょう。

 

会社に黙って手続きできるものは、任意整理・民事再生・自己破産・過払い金請求と全てできます。次は、財産を手放さなくても良い・破産者名簿に載らない・資格制限のある職業に就ける場合ですが、任意整理・民事再生・過払い金は手続きしても実現できますが、自己破産は全てを失いますのでご注意ください。

 

借金帳消しにする為には自己破産すれば可能になりますが、ブラックリストに載らないようにする為には、基本的にはこの4つのどれを行っても不可能です。借金を抱えてしまい迷うことはあると思いますが、自分の現状にあった方法をしっかり見出して行くことが必要なので、よく話し合い人生を有効的に過ごしていきましょう。

借金の減額が期待出来る債務整理にも、特に任意整理手続きによるデメリットには気をつけておくべきです。