MENU

闇金の定義とその手口と実態

闇金と一言で言っても、ただ単純に高利貸しをやってるところだけが闇金というわけではありません、時代に則した形に変化をし続けるので、多種多様な手口が存在します。

 

 

お金を直接貸さないで、何かと交換することで、利息やリース代を搾取する手口もあります。なので、高利貸しじゃないからと言って安心してはいけません。

 

闇金の定義なのですが、はっきりしたものはありません。ただ、電柱やダイレクトメールで届くもの中に、ブラックOKや誰でも融資、、無審査融資、などと書いてるものの多くは闇金業者であることが多いです。

 

実際に無審査でお金を融資するところがまとまもな金融業をやってるとは思えません。甘い言葉で永遠の借金地獄へと導いてるのが闇金です。そして、最近増えてきた手口の中にリース代金のとして、法外なお金を搾取するものもあります。

 

例えば時計をそこの業者に売りにいったとします。それが10万円になり、あなたにその金額が支払われ、そして、その時計をあなたにリースする契約を結びます。すると毎月法外なリース代金を請求する悪徳業者になります。

 

つまり売るまではあなたのものだったに、売ったあとも使い続けることができる代わりに法外なリース代金を請求する手口になります。

 

闇金であるとして借金で困った場合には、とにかく早めに借金が返せない相談を進めてください。